忍者ブログ
Admin / Write / Res
ミニチュアガレージ・チュリニの風景を取り混ぜながら、 ミニチュア・ラリーカー中心に、ご紹介します。 
プロフィール
HN:
トレジャースポット
Webサイト:
性別:
男性
自己紹介:
こんにちわ、
ガレージ チュリニ の店主です。

ミニチュアカー販売店(実店舗)
を目指して、頑張っていきます。
フリーエリア
いつでも里親募集中
最新コメント
忍者カウンター
最新トラックバック
P R
[138]  [137]  [136]  [135]  [134]  [133]  [132]  [131]  [130]  [129]  [128

これは、何かと言いますと・・・。たぶん・・・。

以前に、1/64サイズで、数種類作成したのですが、
1/43では作った事が無かったので、せめて、
一種類でも作って置けば、今後ブログUP時に多少は
役立つかと思い、作ってみました。

たまたま、感じの良い材料が手に入ったのも有って・・・。

今回は、このプラ板をメインに?使ってと・・・。


他のベース材料。

とりあえず、ベースは同じく、100均のホワイトボードで
木枠の物を使っています。

ちなみに、Garage Turiniの店舗前以外は、
それのブラックボードを使ってます。


水面表現素材でしょうな、画像を見て判断。
(書いてある文章、意味ほぼ不明。)

前回の、林道に続き、ジオラマで、表現したかったのは、
ずばり、 “水”

イメージ的には、フィンランドの1,000湖ラリー

1,000湖と言えば、ジャンピングスポットでの
高速ジャンプが有名ですが、1,000湖と呼ばれる様に、
当然、無数の湖が在り、その湖畔を奔るラリー車
表現出来るジオラマが以前から作ってみたいと
思っていたのですが、どうもの表現を、
如何したら良い物かと考えておりまして・・・。

もちろん、それを表現する素材が、数種類、
その筋のメーカーさんからは、出ているのですが・・・。

その中でも、コストパフォーマンスが高く、
使ってみて、イメージ通りの表現が出来、
私みたいな、ど素人でも、出来れば、
失敗しない物。
(失敗を恐れて、いつも、手が出ない。)

その素材が格安で、手に入ったので継続作成を
してみました。

うまく行ったら、川の表現のステップアップに
なるかしらん。
(小川に架かる橋を作ってみたい。)


最初はランサー。
これも、ジャンク。ボディーとシャーシーをいつでも
外せるよう、ねじを付けてないので、使うの面倒・・・。
よって、取扱い不可。


で、いつものフォーカス。
湖面には、色画用紙。(しわしわ・・・。)


下地塗り。

陸地の表現は、ほぼ前回と一緒で、
今回は、土台が出来たら、下地に色を付けてみました。
(最終的に、あまり、意味が無かった様な・・・。)

時々、ジャンク品のフォーカスを置いて、雰囲気を確認。


例のプラ板を貼って。


今回は普通の砂と、こんなのを使ってみました。
(なんと、ハセガワさん。)


その土台に、木工用ボンド塗り、細かい砂類を乗せて行きます。

後は、パウダー類を付けて・・・。


こんな感じ。

どうでしょうか?

なんか作っていて、手順が、おかしい様な気がするし、
今現在、おうちに在る材料だけで作ってしまおう!
と思ってしまったので、(塗料は追加で買っちゃった。)
適当感が拭えませんが、その内、マシになるかと思って、
自分を自分で励ます今日この頃です。


当方のホームページ等です。

宜しければ、クリックしてみて下さい。

トレジャースポットのHP
http://www.wb.commufa.jp/treasure/index.html

Garage Turini のHP
http://turini.at-ninja.jp/

トレジャースポット ネットショップ
http://treasurespot.thebase.in/

ガレージ チュリニ ネットショップ
https://garage-turini.stores.jp/

ブログ「お宝のある場所へ」
http://treasurespot.blog.fc2.com/

ブログランキングに参加しております。 宜しければ、ぽちっと!!


にほんブログ村

にほんブログ村

ジオラマ ブログランキングへ

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人にのみ表示)
Copyright ©  Garage Turini の風景 All Rights Reserved.
* material by Pearl Box   * Template by tsukika

忍者ブログ [PR]